2020年度に始まる「大学入学共通テスト」の英語で活用される民間英語検定試験はどの検定試験が使われるのかは2017年11月現在まだ決定していません。

しかし、既に民間英語検定試験の結果を活用している大学が増えてきました。

入試年度2018年時点では、民間英語検定試験を活用している大学の多くが、

  1. AO入試
  2. 公募推薦
  3. 自己推薦

での出願資格や判定優遇、合否参考、加点で活用しています。 また、まだ数は少ないのですが、一般入試でも一定以上の資格を持っている場合には、得点加算に試験免除(みなし得点化)を行う大学出てきています。

この判定に使われている検定試験のひとつにGTECがあります。

GTECを活用している大学は以下のサイトで調べることができます。

↓ ↓ ↓

GTEC/ GTEC CBT 入試活用校検索

GTEC CBTとは?

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を測るスコア型英語4技能検定で、前身は1999年から

  1. 技能別英語力をスコア型の絶対評価で測定
  2. 日本の中高生の英語力を測るのに適した問題
  3. 振り返りに役立つ充実したフィードバック
  4. スコアを入試に活用している大学が多数

という特徴があります。高校で採用しているところも多数あります。

GTEC CBTの問題集

現在公式で出ている問題集は3つです。

どちらかというと模擬試験の感じですが、どのような問題がでるのかがわかるので、本番前にやるにはちょうどいいかと思います。